ホーム 日本のアーチスト 外国のアーチスト ROCKSTAR ENGLISH
© 2013-17  ZERO ENTERTAINMENT PRODUCTIONS EMAIL: zero.entertainment.productions@gmail.com RSE (J)

Name:

Graham Bonnet

Bands:

Graham Bonnet, Rainbow, Alcatraz, MSG

Position:

Singer

Website:

CLICK HERE

EXCLUSIVE INTERVIEW WITH GRAHAM BONNET

June 2015

(Language: English or 日本語)


ZERO: 日本はいかがですか?

Graham: 毎度とても楽しいよ。日本のファンは世界中で一番だし、本当に熱心だ。今回のツアーで三十数年もの間知り合いの顔ぶれと会うことが出来た。彼らは最高のロックンロールオーディエンスで、彼らはいつもそうだった。1980年にレインボーとして初めて来日した時、彼らがどれだけロックに夢中かということにとても驚いた。アメリカでもツアーをエンジョイしていたがレインボーのメンバーがこう言ったんだ。「日本に行くまで待ってな。」ビートルズマニアのようで本当に信じられなかった。今は全く時代も変わったけど、彼らファンはこうしてまだここにいる。そしてまた若い世代も音楽を楽しんでいる姿も。だからやり続けていけるんだ。家族で継承し今はお母さんお父さんの音楽を子供たちが聴く。日本はいつもエキサイティングさ。また戻ってくるのが楽しみだよ。ただ今夜は少しがっかりしたよ、だって45分かそこらしか演奏していないのにステージを降りなければならなかった。短いセットだったね。もっと演っていたかったね。


ZERO: 近いうちに戻って来てもっと長いセットを演奏したいですか?

Graham: ああ、もちろん!また来日するさ。今は新しいバンドだし、もっとたくさん出来るだけプレイしたいと思っている。世界中でプレイしたいし、日本は僕らの音楽を演奏するのにとても素晴らしい場所だよ。


ZERO: 観客が一緒にあなたの曲の歌詞を歌っている光景を見てどう思いますか?

Graham: 最高だよ!素晴らしい。自分の歌詞を観客が歌う光景は他に勝る者はないね。彼らにマイクを渡して僕が手伝おうか、というくらいだよ。


ZERO: 日本のファンが英語を勉強するために一番お薦めする曲は何ですか?

Graham: 「Hiroshima Mon Amour」だね。読んでもいい曲だと思う。アルカトラス時代の初期に描いた歌詞だよ。私のお気に入りでもある。恐ろしいことが起こったこと、そしてこの曲がその惨い時代のことを伝えるいい物語になっていると思う。この曲を読めば日本のファンたちにも自分がどうこの悲劇ついて思っているかが伝わると思うんだ。


ZERO: 最近iTunesで2曲リリースしましたね。フルアルバムをリリースする予定はありますか?

Graham: 今iTunesで2曲出ている。ひとつは”The Mirror Lies”という曲。もうひとつは”My Kingdom Come”という曲で”Since You’ve Been Gone”を書いたRuss Ballardが手掛けたものだ。なかなかいい曲だよ。ファンが求めているようなGraham Bonnetと新しいバンドが成す曲になっていると思う。だから私はとてもハッピーさ。あと9~10曲位帰国したら録音してアレンジするものが残っているよ。


ZERO: ロックスターになりたいという人たちに対してアドバイスはありますか?

Graham: 今は音楽が使い捨ての時代になってしまったからとても難しいと思うよ。残念ながらすべてが変わってしまった。誰もCDは買わない、だからレコーディングしてもそれを当てには出来ない。今は外へ出てプレイするしかないのさ、皆そうしているよ。


家にいる時は全く音楽を聴かない。他に影響されたくないんだ。何か新しいものを創りたいんだ。だから若者もそうすべきだと思う、新しいものを創り出せ。コピーするんじゃなくてオリジナルをね。ビートルズになれ、ビーチボーイズになれ、ボブ・ディランになれ。完全なるオリジナルで。いつも誰かが誰かのスタイルを真似しているから、とても難しいことだと思うけど。自分もビートルズを真似ていた。でも自分のオリジナルアイデアを追及しないといけない。難しいことだけどね。頑張って自分のスタイルを創り上げるんだ。答えはある、ただそれを探さなくてはね。頑張って下さい。


Translated by Mt Globe


グラハム・ボネット、イギリス出身のロックシンガー・ソングライター。ソロアーティストとして、またレインボー、マイケルシェンカーグループ、アルカトラスやインペリテリ等のハードロック・へヴィメタルバンドのシンガーとしてレコーディング、パフォーマーとして参加。ファンの間では一番パワフルなロックヴォーカリストとしても名高く、幅広い音域の持ち主。同世代や彼自身曰、彼の歌声は”very loud(大声)”で独学自己鍛錬型シンガーと主張している。


BUY GRAHAM BONNET’S SONGS HERE


Photo by Emili Muraki

(L to R) Beth-Ami Heavenstone, Ninezero, Graham Bonnet, Conrado Pesinato

BUY BOOK (J)